制服が持つ意味について

人気のある仕事には、それに従事していることが客観的に分かるように制服着用が義務付けられていることが多いようです。

スーツを着ているだけで心理的に仕事モードに入れるように、制服にも自覚を高め、組織の一員として活躍できるように行動することを自然と義務付けられている感覚があります。そういった組織性や規律性の厳しさを制服が端的に表現していると言えるでしょう。子どもに将来何になりたいかを聞いた時にわかりやすい職業を上げるのは、それがエプロンや帽子、手袋といったサービスに伴う義務感とともに、仕事へのイメージを持たせることが出来ているからでしょう。「この服装をしている人はこんな仕事をしている」ということが客観的にわかりやすいですし、心理的にも着用している間は自分の時間を業務に費やす必要があると認識させることができます。

しかし、その義務感は閉塞しがちな組織においては無意識の圧迫感になることもあるので、事務系や販売系ではネームプレートの着用のみで服装の代わりにセミカジュアルウェアが採用されつつあるようです。サービスのための裁量の大きさが服装によって左右されてしまうのは残念なことですが、サービスする対象の範囲が広ければ広いほど、個人よりも組織性を優先できるようにしなければ、全体を取りまとめることができなくなってしまうのでしょう。

規律や組織に所属しても個性を失うことなく、能力を存分に発揮できるようになるためには、服装にも自由度が必要であることは間違いありません。しかし、単に作業着として服装を意識することなく業務を担当できる人もいるので、服装の思い入れには個人差があると言えます。

Comments are closed.

TOP